モデル3をオーダーしました

11月中旬にモデル3LR(ロングレンジ)在庫車を注文しました。その時のスクリーンショット。
納車は12月中旬〜末ごろになるかと思うのですが今から楽しみです。


補助金も安くなったばかりで車両価格も徐々に値上げしたので以前よりも割高感はありましたが、それでもやはりモデル3は安い。安全性、性能、利便性、機能性どれをとってもコスト以上の良い車です。2015年のモデルS注文から6年半ほど経過し、仕事でもう一台車が必要になったので迷いなく。モデルYまで待つ予定だったのですがたまたまピンときた車があったのでオーダーに至りました。

実はモデル3を予約したのは2016年の3月。5年半経過してのオーダーです。ボディーカラーのディープブルーメタリックは大好きなポルシェのミッドナイトブルーMよりは明るいけど好みのカラー。しかもホワイトシートというのもかつて乗っていた911と同じ組み合わせ。パフォーマンスモデルだったらポルシェ並みに楽しめるのですが予算の都合で高コスパのLRです。

以前の試乗で白シートはマシュマロのようなモチモチ感があって好印象でした。
補助金は国からのCEV補助金40万円(2021/11/26以降経産省の補助金が60万円になりました)+神戸市から24万円の合計84万円の予定です。

以前のアカウントページ。予約時から5年間ブルーの3が表示されておりましたので違和感ゼロですw

 

現在のアカウントページ。家族の分をまとめたのでサイバートラックが2台に。プラッドは航続距離800km以上のPlaid+を予約したはずなのですが、生産しないとのことでPlaidになりました。こちらはいつ入るかわからないのでまだ購入するかわかりません。もしFSDが日本でも認可されれば魅力は増すのですが、使い勝手は今のモデルSで満足していますので悩みます。
それよりもサイバートラックが本当に楽しみなのです。こんな生き方まで変わりそうな異常にワクワクする車ないですよね😀

注文の経過ですが、オーダー翌日に確認の電話があり、その次の日には書類が届きました。素晴らしく早いですね。

この新しい2022年?(2021年後期?)モデル3LRのバッテリーですが、中国に工場を持つ韓国LG社のNCMAバッテリー搭載により従来の容量79kWhから3.8%増の82kWhに(参照insideevs)、WLTP航続距離は580kmから6%弱増え614kmになったようです。VIN:LRW3F7EK9MC39xxxx です。
モデルYと同様のリアモーターは、VINの8桁目の番号がK(LRW3F7EK)で新採用され、202kW/トルク404Nmから220kW/440Nmに(フロントは137kW/219Nmと変わらず)出力366kW/498HP へ若干のパワーUPの情報も(参照


この辺りの車両はアプリ上の航続距離が550から570kmほどに上がっているようですが真偽の方はどうなのでしょう。私の7年目のSは新車で標準値365km/定格値468km(現在は7.8%減少し336km)でしたので実質おそらく200km以上も多く走れそうです。それが6年前のSの半額以下で購入できるのですから。。納車後に色々と比較し報告したいと思います。

ただし、LG製電池は充電時間が遅いという欠点があるようです。日本のパナソニックに頑張って欲しかったですが、新採用のこの電池の実力を楽しみたいと思います。

※現在モデル3について勉強中のため間違いあればお教えください。

今後納車されるまでの経緯なども随時綴っていきたいと思います。

  

納車までの1ヶ月余り、Model3ブルーの画像。カスタム妄想中w 

〜 持続可能社会への加速にご協力いただきありがとうございます 〜

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です