テスラ乗りの神アプリキター!

TeslaDeck という iOS アプリ。
テスラのダッシュカム (TeslaCam) をスマホで再生したり保存・共有できるビューア。必見でしょ! https://pixely.jp/tesladeck/

私のAP1は関係ないけど、乗り換えたら絶対必要なので。。

Erikの日本滞在Movie

テスラ系Youtuber、Erikの日本滞在中の動画です。私たち家族もちょっとだけ登場しています(笑 。紹介して頂き嬉しいかぎり☺
わずかな日程でしたが日本を楽しまれたようでよかったです!

今回素敵なイベントを企画して頂いたTOCJ 池田様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

テスラモデル3は世界で最も売れたEVに!(予告)

2010年以降、世界で最も売れたEV日産リーフ。その数45万台!
テスラモデル3の昨年2019年の生産台数が448,634台で今月にも抜く模様。
そうです、近日発表になるでしょう。
テスラモデル3は世界で最も売れたEVになるのです!! 

みんなのお陰だありがとう!私も微力ながら少しでも貢献できていたのなら嬉しい。

https://insideevs.com/news/393890/nissan-leaf-sales-450000/

最新ポルシェ911より止まるテスラのブレーキ

110km/hからのフルブレーキングで、250kg以上軽いポルシェ最新911カレラSより制動距離が短いモデル3。私もポルシェの歴史、スタイル、加速、ハンドリングなど世界一と思っていたけど、ポルシェ史上あれだけ称賛されていたブレーキが、5人乗り4ドアセダンに負けてしまう時代に。これはEVだからではなくテスラの技術力の勝利。時代は変わった。 完全に潮目が変わったと言える。

モデル3はテスラで一番安い普及価格帯エコカーですw
テスラがスポーツカーを作ると、さてどうなるか?

1,847kg テスラモデル3パフォーマンス 
1,590kg ポルシェ911カレラS

第三世代の新型ウォールコネクター発売

テスラから第三世代(Gen3)の新型ウォールコネクター充電器が発売になりました。Wi-Fi対応でスマホアプリにて料金の監視や通知、充電スケジューリング、無線アップデートも可能になるそうです。全体の形状もサイバーっぽく、表面がシルバー塗装からガラスプレートになり、本体と充電ケーブルが軽量化されたようです。 持ち手の部分は旧型グロスブラックWCと同タイプのブラックカラーになっています。 充電器のIOT化により出来ることが今後出てくるのでしょう。パワーウォールやソーラーと組み合わせれば更に。マニュアル
ちなみに充電ポートへの自動接続はまだ出来ないようです😊

テスラ米国ページhttps://shop.tesla.com/product/wall-connector

日本には配送してくれないので、私が運営する国内の通販ページにも掲載いたしました。大型商品なので米国からの取り寄せとなると送料が高く価格設定が高めとなりますが、1/22現在、納期は約2〜3週間予定で入荷します。(1/22現在テスラジャパンでは入荷未定、予約受付も不可)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/ducatism/1457768-01.html

注意点として、5.4mケーブルということ。従来のロングケーブル7.4mとは2mほど短いためご注意ください。また現在の充電電流は48Aまでとなります。今後80A版やロングケーブル版が出るか、アップデートで今後機能が増えたり改善される可能性もあります。

ご注意:設置は電気工事士等の有資格者にご相談ください。
本新型に関して、これまでも米国仕様のウォールコネクターを取り寄せ国内にて検証済みですが、特にアプリとの連携などこちらに入荷次第検証して本ページにて報告致します。国内で販売するウォールコネクターもいつかはこの新型に置き換わると思いますので、時間の問題かと思われますが、心配な方は検証までおまちくださますようお願い致します。

以下、取り付けマニュアルなど。動画、日本語あり。
https://www.tesla.com/jp/support/installation-manuals-wall-connector

最大16台200Wまでパワーシェアリングできるようです。 今までは4台100W。
この際ウォールコネクター同士がWi-Fiで繋がり電力配分するようです。

マニュアル https://www.tesla.com/sites/default/files/support/charging/Gen3_WallConnector_Installation_Manual.pdf

アンプラグドモデル3

Unplugged Performanceのモデル3。日本にやって来た様です。今週末の東京オートサロンに展示予定。

今回筑波サーキットでのタイムアタックも予定されている様です。平気で1分切ってくるかもね。私のベストタイムは1分10秒です(笑)これは見に行きたい!このモデル3の所有者であるErikも来日予定なので会えるかも。

テスラの新車在庫車が‼️

2020年 テスラ初売りです❣️ テスラの新車在庫車、即納車がたくさん!
条件が合えば待つ時間がない分お得。もちろんテスラ新車4年保証付きです。
以下リンクからの購入で、1,500km分の国内22箇所のテスラ充電器スーパーチャージャー充電代が無料となります。
私は今だったら、やっぱりモデル3パフォーマンスが欲しいかなあ。
他にもSもXも、何だか今までで一番安いのでは?
SとXは電子制御サスRavenです!(オプション欄にスマート エア サスペンション表記のモデルは恐らくRavenではありません)
リンクが表示されない場合はこちらから[在庫車]を選択 http://ts.la/kenji7938

モデル3
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/m3?referral=kenji7938

3のパフォーマンスはコスパが良すぎます!ちょっと無理してもP。

モデルS
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/ms?referral=kenji7938

ロングレンジでこの価格。Ravenでしかも2020年最新モデル。

モデルX
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/mx?referral=kenji7938

7名乗りでこの値段。最強のXです、欲しいなあ。
余裕がある方はロングレンジがお薦めです。

清水和夫氏によるモデル3テスト

清水和夫氏によるモデル3加速テスト。前からテストしていたようですがようやく公開されました。今回i-Paceとの比較では無理がありますが。
清水さん、いつもストレートな表現で非常にわかりやすいので大好きです。

シャシー性能、ボディ剛性、フェラーリのようなハンドリング、宇宙船のワープのような加速。そして、「なんでテスラはこんないい車作れるようになっちゃったんだっけw」が印象的(笑)

スポーツカー作るのはEVの方が 向いているという意見にも完全同意します。加えて安全性もです。加えて経済性も(笑)更に自動運転とライバルなし。
なのに、なぜ日本のカーオブザイヤーのベスト10にも残れなかったか。わかりますよね、皆さんは。 。
この後モデル3テストが続くと思いますので、このシリーズ必見です!

その1、加速テスト

その2、高速操舵編

清水さんの、「欲しくなっちゃったよ」が笑えます。
ステアリングの応答性に驚かれていて、フェラーリF40のようだとのこと(笑)
また、「ポルシェやベンツのエンジニアがテスラにいるんじゃないの?」という件に関しては、います。加えてAudiやアストンのエンジニアも現在はテスラに多数在籍しております。

その3、ブレーキング編

清水さん、もうモデル3をベタ褒めです(笑)
「これポルシェだよ…」「このブレーキはポルシェ、宇宙一」「EV一回乗ったら戻れない」は私も実感。


ついにウェット旋回ブレーキテスト。アンダーの出ない未知の車。素晴らしい。
低重心のメリットが生きています。

おまけ。

モデルYがなかなかカッコいい件

これは賛否あるかと思うのですが、私はなかなかイケていると思います。
リア上部のダックテールが長いのが好きだなあ (笑) この車は19インチのGeminiホイールですが、20、21インチ大径ホイールとの相性も良いかも。
エアサスが付いていて乗り心地が改善されていれば凄く欲しいです。
アクティブサスならもうかなり欲しい。
Xでは大きい、3では物足らないという方にピッタリなのでは?
私もSからYに乗り換えたいかも知れません。
アメリカでは来年夏~秋にデリバリー開始とか。もうすぐです!!

https://electrek.co/2019/12/26/tesla-model-y-performance-prototype-spotted-dual-motor/

当ブログのモデルY詳細ページ
テスラ公式モデルYページ

国内23カ所目のスーパーチャージャーが広島に予定‼️

広島のテスラ試乗レポートに、国内23カ所目!広島スーパーチャージャーの話題も。場所はTSUTAYAのT-site近辺とのこと。 LECT レクト
〒733-0831 広島県広島市西区扇2丁目1−45
https://goo.gl/maps/QfAuzktUCWRwJpTG7

都市型アーバンタイプ8機!完成は来年2〜3月予定のようです。

https://sp.fnn.jp/posts/2019112900000005TSS/201911291931_TSS_TSS

以下は同じ都市型の京都スーパーチャージャー。こちらは4機。

テスラギガファクトリー4がベルリンに決定!

ドイツベルリンにテスラの工場ギガファクトリー4を建設決定!!
ついにテスラはアメリカに次ぎ、中国とドイツで生産を開始することになります。 テスラのドイツ工場(ギガファクトリー4)は2021年末迄にモデルYの生産から稼働しバッテリーとパワートレインも同工場内で生産。既に求人も開始。 VWも数年で5000万台のEVを生産予定目標へ前進。
日本は世界で売れなくなったガソリン、ディーゼル車を買わされる国に決定です。あ~ぁ

実は以下動画は、日本のカーオブザイヤーと同様の、ドイツのゴールデンステアリングホイール賞をモデル3が受賞した際のイーロンのコメントで流れたもの。
VW社長との話も。世界は完全に脱ガソリン。
日本の政府はどうとらえているのか。世界の金の流れが大きく変わりそうだ。
今回の日本カーオブザイヤーのベスト10にすらモデル3が入らなかった理由も知りたいところだ。お恥ずかしい限りの日本、優秀な人材がまた日本からどんどん去っていく未來が近づいています。

https://electrek.co/2019/11/12/tesla-gigafactory-4-berlin-germany/
https://teslarati.com/tesla-gigafactory-4-europe-berlin-germany-model-y-production/

テスラ購入から4年。点検・修理と新車保証終了。

納車から4年が過ぎました。 走行距離は72,700km。家族で九州から東北まで日本全国走りました。実用車としてほとんど毎日 家族を乗せて走っています。
テスラとの出逢いのきっかけはニュースで見た白のモデルSプロトタイプから始まり、息子がゲームでプレイしていた超お気に入りの夢の車であったこと、そして息子を喜ばそうと(高額なうえに得体の知れないメーカーなので買う気なし)試乗に行き、そして更に偶然息子の学校の近くで開催された2度目の試乗会でパフォーマンスモデルを高速道路で全開走行したことで決定打。その少し前にポルシェ911ターボ(997)を全開試乗した時と偶然にも同じ試乗コースだったのですが、その時とは比較にならない衝撃を感じ、これは絶対に安いと家族と相談し人生をかけるつもりで購入。今まで趣味も仕事もガソリン漬けの私の人生がまるで変わってしまうほどの出来事でした。さらに4年の間にテスラを通じて知り合った仲間たちにも非常に大きな影響を受け、子供たちの夢や私自身の今後の仕事や人生にさえも影響を及ぼそうとしています。こんな車ないです。

続きを読む “テスラ購入から4年。点検・修理と新車保証終了。”