パワーウォールのある生活 2024 (新PW3登場)

テスラパワーウォールのある生活 2021-2022


テスラパワーウォールのある生活 2023

に続く、2024年からのパワーウォールの備忘録データです。過去ログは上記リンクをご覧ください。

アメリカ本国ではパワーウォール3が発売されました。バッテリーが今までのNMC(ニッケル・マンガン・コバルト)からLFP(リチウム・鉄・リン酸塩)に変わり少し小型化され、太陽光インバーターが内蔵されているため厚みと重量が増え容量13.5kWhは変わらず最大出力がピーク10kW(10秒)連続5.8kWからピーク15kW(10秒)連続11.5kWに上昇。LFP化でコストが下がったはずですので米国では現在は従来同様の価格ですが今後低価格化すれば嬉しいですね。日本へ来るのは2024年末以降になるようです。詳細


パワーウォールのある生活 2024


2024年7月
電力自給率%、発電kWh、売電kWh=円、消費kWh=円

8月、9月は再度補助金が4円/1kWh、10月は2.5円/1kWhと決定。



2024年6月
電力自給率202%、発電681kWh、売電440kWh=9,240円、消費0kWh=338円

6月の電気代が338円と我が人生で最低額となりました(笑
私の契約する関西電力 eスマート10 基本料金1,302.4円(ガスセット割2%引=1,276円)
利用料が0kW/hなので半額の638円。ポイント300円を使ったようなので338円。
この電気代高騰の中、売電収入も9240円あるのでこれは助かります。
しかし次月は梅雨入りするので、太陽光を貯めただけの電気では4人家族で毎日食洗機と洗濯乾燥機を動かしているので賄いきれないと思います。
8月、9月は再度補助金が4円/1kWh、10月は2.5円/1kWhと決定。

再エネ賦課金(関西電力)1.40円(2023/5-2024/4)2024年5月分から3.49円/kWh
燃料費調整額(関西電力):2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)、3月4.39円(2月より+0,22円)、4月4.42円(3月より+0,03円)、5月4.46円(4月より+0,04円)、6月4.32円(5月よりー0,14円)、7月4.08円(6月より-0.24円)8月3.89円(7月より-0.19円)

国による補助は2024年4月使用分まで3.5円引きということですので、
4月使用分の燃料調整単価は4.42-3.5=0.92円/kWh5月使用分からは半額の1.8円引きとなってしまいますので、5月使用分の燃料調整単価は4.46−1.8=2.66円6月使用分からは補助がなくなりますが、後から1ヶ月ずれることとなり7月請求分からなくなるようですので、6月は4.32-1.8=2.52円となるようです。

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40(2024/5まで)+燃料調整費)月17.52円月17.6円3月17.82円月17.85円5月は21.68円6月は21.54円7月は23.1円

8月、9月は再度補助金が4円/1kWh、10月は2.5円/1kWhと決定。

関西電力 eスマート10=15.53円/kWh+再エネ賦課金3.49円+燃料調整費ー補助)
5月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.46-補助3.5=2.66=19.98円
6月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.32-補助1.8=21.54円
7月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.08-補助0=23.1円

8月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費3.89-補助4=18.91円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、6~7月は高くなります。

ですので、うちは6〜7月は太陽光発電分をパワーウォールに貯めて使用。一杯になったら売電。極力電気を買わない生活に。
テスラはモデルSは永年スーパーチャージャー無料、モデル3もお陰様で紹介コードで(来年2025年10月まで)無料なのでEV2台所有も家計には最小限とはなりますが。


2024年5月
電力自給率212%、発電752kWh、売電514kWh=10,794円、消費158kWh=4,083円

2024年5月使用分から3.83円/kWh高くなりました”(再エネ賦課金を含んでいますので実際の支払額に近い数値です)

再エネ賦課金(関西電力)1.40円(2023/5-2024/4)2024年5月分から3.49円/kWhと2.09円もアップ!!
燃料費調整額(関西電力):2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)、3月4.39円(2月より+0,22円)、4月4.42円(3月より+0,03円)、5月4.46円(4月より+0,04円)、6月4.32円(5月よりー0,14円)、7月4.08円(6月より-0.24円)

国による補助は2024年4月使用分まで3.5円引きということですので、
4月使用分の燃料調整単価は4.42-3.5=0.92円/kWh5月使用分からは半額の1.8円引きとなってしまいますので、5月使用分の燃料調整単価は4.46−1.8=2.66円6月使用分からは補助がなくなりますが、厳密にはどうやら7月請求分からなくなるようですので、6月は4.32-1.8=2.52円となるようです。

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40(2024/5まで)+燃料調整費)月17.52円月17.6円3月17.82円月17.85円5月は21.68円6月は21.54円、7月からは補助がなくなりますので再度値上げとなりそうです。

関西電力 eスマート10=15.53円/kWh+再エネ賦課金3.49+燃料調整費)
5月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.46-補助3.5=2.66=19.98円
6月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.32-補助1.8=2.52=21.54円
7月は単価15.53+再エネ賦課金3.49+燃料調整費4.08-補助04.08=23.1円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、6月から高くなります。

ですので、うちは6月から太陽光発電分をパワーウォールに貯めて使用。一杯になったら売電。極力電気を買わない生活がまた始まります。
テスラはモデルSは永年スーパーチャージャー無料、モデル3もお陰様で紹介コードで(来年2025年10月まで)無料なのでEV2台所有も家計には最小限とはなりますが。



2024年4月
電力自給率175%、発電610kWh、売電568kWh=11,928円、消費353kWh=7,467円

2024年5月使用分から3.83円/kWh高くなります!”(再エネ賦課金を含んでいますので実際の支払額に近い数値です)

再エネ賦課金(関西電力)2023年度1.40円(2023/5-2024/4)、→2024年度(5月から)3.49円/kWhと2.09円アップ(2024/5-2025/4)


燃料費調整額(関西電力):2023年1月10.91円、2月11.12円(0.29円↑)、3月10.54円(0.58円↓)4月9.67(0.87円↓)、5月8.94円(4月より-0.73円)、6月8.07円((5月より-0.87円)7月7.05円(6月より-1.02円)、8月5.92円(7月より-1.13円)、、9月5.00円(8月より-0,92円)、10月4.52円((9月より-0,48円)、11月4.27円(10月より-0,25円)、12月4.08円(11月より-0,19円)、2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)、3月4.39円(2月より+0,22円)、4月4.42円(3月より+0,03円)、5月4.46円(4月より+0,04円)

国による補助は2024年4月まで3.5円引きということですので、
4月分の燃料調整単価は4.42-3.5=0.92円/kWh5月からは半額の1.8円引きとなってしまいますので、5月分の燃料調整単価は4.46−1.8=2.66円

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40(2024/5まで)+燃料調整費)月17.52円月17.6円3月17.82円月17.85円5月は21.68円

2024年5月からは3.83円/kWh高くなります!一般家庭4人家族で400kWh/月だと実質1,500円以上値上げ。5月分から電気代が12,000円→13,500円以上になります。

関西電力 eスマート10=15.53円/kWh+再エネ賦課金3.49+燃料調整費)
5月は15.53+3.49+2.66=21.68円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、1月3.4円、2月3.32円3月3.1円4月2.8円安く5月は0、68円高くなります。


2024年3月
電力自給率126%、発電555kWh、売電411kWh=8,631円、消費353kWh=7,467円

再エネ賦課金(関西電力)1.40円(2023/5-2024/4)2024年5月から3.49円/kWhと2.09円もアップ!!
燃料費調整額(関西電力):2023年1月10.91円、2月11.12円(0.29円↑)、3月10.54円(0.58円↓)4月9.67(0.87円↓)、5月8.94円(4月より-0.73円)、6月8.07円((5月より-0.87円)7月7.05円(6月より-1.02円)、8月5.92円(7月より-1.13円)、、9月5.00円(8月より-0,92円)、10月4.52円((9月より-0,48円)、11月4.27円(10月より-0,25円)、12月4.08円(11月より-0,19円)、2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)、3月4.39円(2月より+0,22円)、4月4.42円(3月より+0,03円)、5月4.46円(4月より+0,04円)

国による補助は2024年4月まで3.5円引きということですので、
4月分の燃料調整単価は4.42-3.5=0.92円/kWh5月からは半額の1.8円引きとなってしまいますので、5月分の燃料調整単価は4.46−1.8=2.66円

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40(2024/5まで)+燃料調整費)月17.52円月17.6円317.82円17.85円

2024年5月からは3.83円/Kwh高くなります!

関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金3.49+燃料調整費)
5月は15.53+3.49+2.66=21.68円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、1月3.4円、2月3.32円3月3.1円4月2.8円安く5月は0、68円高くなります。


2024年2月
電力自給率79%、発電363kWh、売電385kWh=8,085円、消費501kWh=9,637円

再エネ賦課金(関西電力)1.40円(2023/5-)
燃料費調整額(関西電力):2023年1月10.91円、2月11.12円(0.29円↑)、3月10.54円(0.58円↓)4月9.67(0.87円↓)、5月8.94円(4月より-0.73円)、6月8.07円((5月より-0.87円)7月7.05円(6月より-1.02円)、8月5.92円(7月より-1.13円)、、9月5.00円(8月より-0,92円)、10月4.52円((9月より-0,48円)、11月4.27円(10月より-0,25円)、12月4.08円(11月より-0,19円)、2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)、3月4.39円(2月より+0,22円)

国による補助は2024年4月まで3.5円引きということですので、
2月分の燃料調整単価は4.17-3.5=0.89円/kWh

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40+燃料調整費)
月は17.52円月は17.6円3月は17.82円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、1月3.4円、2月からは3.32円3月からは3.1円安くなります。


2024年1月
電力自給率77%、発電367kWh、売電374kWh=7,854円、消費491kWh=9,325円

再エネ賦課金(関西電力)1.40円(2023/5-)
燃料費調整額(関西電力):2023年1月10.91円、2月11.12円(0.29円↑)、3月10.54円(0.58円↓)4月9.67(0.87円↓)、5月8.94円(4月より-0.73円)、6月8.07円((5月より-0.87円)7月7.05円(6月より-1.02円)、8月5.92円(7月より-1.13円)、、9月5.00円(8月より-0,92円)、10月4.52円((9月より-0,48円)、11月4.27円(10月より-0,25円)、12月4.08円(11月より-0,19円)、2024年1月4.09円(12月より+0,01円)、2月4.17円(1月より+0,08円)

国による補助は2024年4月まで3.5円引きを延長するということですので、
1月分の燃料調整単価は4.09-3.5=0.59円/kWh

深夜のkW単価合計(関西電力 eスマート1015.53円/kWh再エネ賦課金1.40+燃料調整額)
2024年月は17.52円月は17.6円

うちの売電は21円/kWhなので、深夜に電気を買う方が、1月からは3.65円、2月からは3.57円、3月からは3.35円安くなります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です