純正 Zero-G 20インチホイール

テスラ純正オプションのZero-G 20インチホイールモデルSに履かせてお気に入りのファルケンFK510を合わせて履いてみました。9J-20inchに235/35ZR20 4本同サイズ、スペーサーなし、サスも純正のままです。見た目がとっても悪い子になりましたが、妻によるとお花の形のホイールだそうで🌸🌺🌼、なぜか喜んでいます?😅
モデル3はカスタムするにもとっても良い素材ですね。サーキット仕様にするもパーツも豊富で簡単です。アンプラグドのモデル3が究極ですねー。3,272km


芦有ドライブウェイでテストをしたのですが、腰があってよりクイックなハンドリングとなりまさに狙い通りのフィーリングとなりました。緻密な感触に磨きがかかった印象でよりポルシェっぽくなりました。
タイヤはドライグリップはさほど無く比較的コンフォートなタイヤのためそれなりではありますが、荒れた市街地走行もタイヤのおかげでネガな部分は非常に少ない印象。パターンノイズもなく、ミシュラン19インチオールシーズンタイヤからの履き替えで純正19インチHankokタイヤと同等の乗り心地と感じたほどです。乗り味は少しだけアルデンテになってコシが出たかなっという印象w。我が家の女性群には違いは分かりません😀

純正のホイールなのでホイールの設定を「Zero-G 20インチ」に変えたら再起動がかかりディスプレイ上やアプリのホイールも変わります。航続可能距離は今のところ変化なしですが、近いうち短くなるでしょう。そちらも報告します。
先週、純正リアスポイラーも装着しました。これは定番ですね。

六甲で走りを楽しんだら、すぐ下の神戸御影SCでスーパーチャージ!とっても便利になりました。
ここでなんとHAMMERさんご家族と遭遇!前回お会いしたのは西宮のミーティングでした。どうかお気をつけてご家族でイベント楽しんでください!!

Zero-Gホイールですが、当時衝撃を受けた991 GT3純正センターロックホイールに少し似ています。


おまけで足回りのショット。フロントはbrembo製のモノブロックキャリパーではあるのですがブレーキは少しカスタムしたいところです。最近ようやくあたりが付いてきてタッチは改善してきたのですが。テスラは回生ブレーキが強力で、街中ではブレーキをほぼ使わない車なのでブレーキの慣らしに非常に時間がかかります😀 3,380km。


足回りのぱっと見は、モデルSと異なり大衆車の雰囲気ですが、走りはポルシェそのものと言っても良いのではないかと言えるほどの緻密な乗り味です。ホイールとタイヤを変えてさらに際立ち再度感動してしまいました。これはすごい車。とにかくこの価格でこのパフォーマンスは異常です。
実は今日近所のタイカンの方と偶然お会いし並走したのですが、この車はTaycan turbo Sの1/4〜1/5程度の価格です。もう笑えますよね。タイカンとってもかっこよかったです(画像は拾い物ですが同色同仕様でした)


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。