テスラ乗りの神アプリキター!

TeslaDeck という iOS アプリ。
テスラのダッシュカム (TeslaCam) をスマホで再生したり保存・共有できるビューア。必見でしょ! https://pixely.jp/tesladeck/

私のAP1は関係ないけど、乗り換えたら絶対必要なので。。

モデルSの電池交換と85kWh新バッテリー情報。

2012年から発売されているモデルSとX(Xは2016年)の大きなメリットの一つ、簡単に高電圧バッテリー交換が可能なのです。設備さえあれば1分半ほどで交換可能。 以下2013年のテスラのイベントにて。

モデル3とYのバッテリーは簡単な交換式ではありません 。その分軽量化とシャシー性能が高められており、従来の18650電池よりも高性能で信頼性の高い新型の2170電池により長寿命となっており、更に冷却性にも優れています。羨ましい。 (テスラのバッテリー冷却システムに関してはこちらが分かりやすいです)

テスラ全車、高電圧バッテリーとモーターは保証が8年間あります。

モデルSとXのバッテリー劣化やバッテリートラブル、エラーなどにより高電圧バッテリーを交換する事例は海外では珍しくはありません。ただし重量が500kg弱ありますのでそれなりの設備も必要ですが、国内にも3か所(戸塚、大阪、名古屋)あるテスラのサービスセンターなら交換可能です。

そんな中で、国内でもバッテリーエラーによる交換事例などが出てきました。
例えば2015年製モデルSのP85Dをお乗りの方がバッテリーのエラーで先日90バッテリーに交換となりP90Dになったお話しなど。これも羨ましいですね☺

以下、最近の海外の事例なのですが、2013年P85+が、保証により無償で新しいバッテリーに交換した際に、今までなかった新しい品番のバッテリーに交換されたとのことで話題に上がっていますので紹介します。
https://electrek.co/2020/01/14/tesla-new-85-kwh-pack-for-the-model-s-but/#disqus_thread

https://teslamotorsclub.com/tmc/threads/new-85kwh-battery-for-my-2013-p85.181716/

一見するとただの85バッテリーなのですが、、350Vになっています!

85kWh / 350v この85バッテリーによる航続可能距離は以下とのこと。本来の初期型85の発売時から10~15%ほど航続距離が伸びていると思います。パフォーマンスも向上したとか。軽量化の恩恵も受けているかも知れません。

標準値@ 100%= 289マイル(iOSテスラアプリ)=465km
定格値@ 100%= 333マイル(iOS テスラアプリ ) =536km

このバッテリー、推測の域を出ませんが、恐らく以下の仕様と思われます。
現在 モデルSとXで唯一生産されている100kWh版の16モジュールから2モジュール減らした14モジュールの仕様のため、本来の400Vから350Vになったという訳なのですね。
私のモデルS70D(60/75含む)は、85、90、100kWhの16モジュールの400Vに対して、14モジュールの350Vです。
このバッテリーの実際の容量は計算上87.5kWhと、ほぼ90kWh近い容量。
従来型の2012年初期からの85kWhや2015年後半からの90kWhと、2016年後半に登場した100kWhの違いは、少し電池が高密度になったことと、冷却系が強化されたことによる充電速度の速さがありますが、これらは非常に大きなメリットとなります。(テスラのバッテリー冷却システムに関してはこちらが分かりやすいです)

これはEVならではですね。リチウムイオンバッテリーの価格は年々安価になり容量もアップしていきどんどん進化しています。保証期間の8年内にそれは全く別次元のバッテリーになっている可能性もあります。
EVにとってバッテリーとはエンジンのようなもので、その要であるバッテリー容量はエンジンで言う排気量や最高出力と同じくらい性能を左右するものです。容量が大きければ大きいほど一気に出力できる電力が大きくなるのがその理由ですね。

国内の場合は車検証の重量と大きく異なる場合は改造申請が必要ですが、同じ重量でバッテリー交換するとすれば、当然年数が経つほど大きな容量のバッテリーになっていくということです。

私の70バッテリーも、この新85バッテリーや、そもそも旧来の18650電池の生産終了により2170電池に置き換わり、パフォーマンス向上と航続距離の向上を夢見ながら、、淡い期待を思い描きながら、、日々大切にしていこうと思う所存でございます🤣
また、テスラ初期型ロードスターのように 保証切れの車両にも 有償でバッテリーアップグレードのサービスなども今後行ってくれると嬉しいですね。バッテリー交換により新車を超えるパフォーマンスとなるはずです。

このような際に懸念されるバッテリー交換により古くなったバッテリーの使い道として、テスラ用は元々高価な高容量セルを使用しているため、それほど高性能を必要としない発電用パワーパックや、家庭用バッテリーなどへの転用やリサイクルを行っているものと推測されます。

モデルS、X、3、古くても新しくてもこの先所有してワクワクする車ということに変わりはありません。これからの電池の進化とテスラの未来が楽しみですね。

最新の2019-2020年モデル3と私の2015年モデルS。 浜松スーパーチャージャーにて
うちのモデルSの電池です。1055893-00-C。
こちらによれば2015年8月製造 70kWh v2

世界で爆発的人気の防弾Tシャツ

全く宣伝していないのに 各メディアで大騒ぎ (笑)
世界で爆発的人気のテスラサイバートラックの防弾Tシャツ。テスラ公式サイトhttps://shop.tesla.com/category/apparel
これは笑えます、ウケます。ほんとうにおもしろい会社ですね~、テスラは。

世界でもの凄いオーダーらしく本当にいつ来るか分かりません。サイズはアメリカンサイズなので大き目かと思います。
当方のサイトにも全く告知なしにも関わらず、本日現在もかなりの数量のオーダーが既にございます。発売開始日から多数注文しておりますが、すでに予想以上の注文のため、テスラの事なので本当にいつ来るかわからないことをご理解いただきたく書きました。今からお詫びしておきます。いつ来るかわかりませんので覚悟してください。 私の趣味のYahooショッピングサイト https://store.shopping.yahoo.co.jp/ducatism/teslamodel2.html

以下のパーカーの方が納期が早い可能性もありますがわかりません。

東雲へ。往復1,336kmの旅

兵庫から東雲にテスラで行ってきました!
東京での仕事と、久しぶりに仲間と交流したかったこと、家族4人全員が行きたいと言ったことで(子供二人とも受験生で何かと忙しいようですが.. 東京在住の兄家族に合いたかったこともあり)、最終日にアンプラグドのモデル3を見に行き食事会に参加することになりました!! 非常に濃い休日となりました。
今回の旅1,336km、Odo:77,027km

浜松スーパーチャージャーでモデル3が!
道中、美しい富士も拝めました。
その後は明治神宮でお参り後に六本木でチャージ。
初日に野生wのモデル3を7台ほど発見❗️凄い‼️
すでにSやXよりも多い台数なのも納得。嬉しくなりました❣️


楽しいひとときをありがとうございました!とんぼ返りでしたが、、
テスラカスタムの雄UnpluggedのCEOであるBenとAvi、
https://unpluggedperformance.com/

そしてTesla系YoutuberのErik
https://www.youtube.com/channel/UCA8N_0F-KYXSyT5OSJzSizA
と、まさかお会いできるとは光栄でした。
3人の有名人を前に緊張しましたが、、すごく気さくで超フレンドリー♪感激してしまいました。皆テスラにしてやられた同志、テスラ仲間です(笑)

そして古くから親交のあるテスラの仲間と、多くの新しいテスラオーナーとの出会い!!楽しかった‼️
なんと偶然、テスカスさんKoba3さんにお会いすることができました!!
普段からテスカスさんの発信力、koba3さんのDIY力に関心しておりました。もう聞きたいことが山ほどあり何から話してよいのかわからないほど。。。
古い方も新しい方も、皆さん情熱的!感動で涙が出そうなぐらいでした。

帰りは浜松でチャージし無事に帰宅しました😊 3日間で21時間も運転しましたが、やっぱりテスラは楽ですねー、オートパイロットで余裕です。今回の旅1,336km、Odo:77,027km

Total Kilometers1336.05 km
Typical Kilometers Used1410.67km
Efficiency94.71 %
Time Driven21 Hours 17 Minutes
kWh Used286.88 kWh
Wh/km215 Wh
Total Cost¥ 3442.58(1Kw12円とした
私の自宅充電の場合の電気代)※
Average Temp10.53 C

1336km、使用した電気は286.88 kWh、電費は215Wh/kmとなりました。19インチスタッドレスタイヤ(ブリザックVR2)です。平均気温10.53度、
※実際の充電はすべてスーパーチャージャーのため充電代は無料です。

Unplugged製作、ErikのModel3!これが今週筑波を走るようです。タイムアタックするようで、その勇姿を見たかった!

アンプラグドモデル3

Unplugged Performanceのモデル3。日本にやって来た様です。今週末の東京オートサロンに展示予定。

今回筑波サーキットでのタイムアタックも予定されている様です。平気で1分切ってくるかもね。私のベストタイムは1分10秒です(笑)これは見に行きたい!このモデル3の所有者であるErikも来日予定なので会えるかも。

テスラの新車在庫車が‼️

2020年 テスラ初売りです❣️ テスラの新車在庫車、即納車がたくさん!
条件が合えば待つ時間がない分お得。もちろんテスラ新車4年保証付きです。
以下リンクからの購入で、1,500km分の国内22箇所のテスラ充電器スーパーチャージャー充電代が無料となります。
私は今だったら、やっぱりモデル3パフォーマンスが欲しいかなあ。
他にもSもXも、何だか今までで一番安いのでは?
SとXは電子制御サスRavenです!(オプション欄にスマート エア サスペンション表記のモデルは恐らくRavenではありません)
リンクが表示されない場合はこちらから[在庫車]を選択 http://ts.la/kenji7938

モデル3
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/m3?referral=kenji7938

3のパフォーマンスはコスパが良すぎます!ちょっと無理してもP。

モデルS
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/ms?referral=kenji7938

ロングレンジでこの価格。Ravenでしかも2020年最新モデル。

モデルX
https://www.tesla.com/jp/inventory/new/mx?referral=kenji7938

7名乗りでこの値段。最強のXです、欲しいなあ。
余裕がある方はロングレンジがお薦めです。

日本車の未来はいったい…テスラに乗らずに死ねるか!その1

この清水さんの記事を読んで、日本で良いEVを作るのは無理だと感じた。
ポルシェには意地がある、GMやベンツにも。ドイツ、アメリカは本気だ。それに中国が国を挙げて来る。
しかし日本の車メーカーには無いですよ。そもそもモデル3レベルの車作りは今からではとても無理だし、どれだけの資本、人材、新たな技術開発が必要か。
無理して作ってもバッテリーやEVプラットフォームの開発に遅れを取っている日本では売れば売るほど赤字。
その覚悟や未来のビジョンさえ今の経営陣には無い。株主も当然理解を示さないだろう。 せいぜいメディアでEV批判し情報を封じ時間稼ぎをすることぐらいしかない。
かつて意地でメルセデスSクラスを超える車を作ったり、世界をリードする超エコなハイブリッド車を作った国とは思えない。

グローバルな情報を得て本質を見抜く賢者たちはもう儲け第一主義の日本車は買わないだろう。スマホを持ち英語を自在に操る若い方は、全く車を持たないか、テスラを買うかしか選択肢がなくなってくる。
日本の製造業は大きく変わっていくと思う。覚悟した方がいい。

私もかつてポルシェが最高の車と。これに乗って死ぬなら仕方がないとも感じていた時期もありました。本当です。ジェームズ・ディーン…
「テスラ有吉のテスラに乗らずに死ねるか」シリーズ、その1でした(笑)

打倒テスラ! それがタイカンの使命【清水和夫のポルシェに乗らずに死ねるか】https://genroq.jp/2020/01/58603/

本年もどうぞよろしくお願いします!

昨年は本ブログの他、Youtube動画公開、Twitter開始、テスラパーツ販売の強化など新たな試みをして参りました。それによりたくさんの仲間が増え、名実共に楽しいテスラライフになりましたことを心より感謝致します。
ありがとうございました。

本年も新たなチャレンジなどして楽しんで参りたいと思いますので見守っていただけますよう、宜しくお願い致します。

二人の受験生を抱えており、、学業の神様へ神頼みに参りました。

清水和夫氏によるモデル3テスト

清水和夫氏によるモデル3加速テスト。前からテストしていたようですがようやく公開されました。今回i-Paceとの比較では無理がありますが。
清水さん、いつもストレートな表現で非常にわかりやすいので大好きです。

シャシー性能、ボディ剛性、フェラーリのようなハンドリング、宇宙船のワープのような加速。そして、「なんでテスラはこんないい車作れるようになっちゃったんだっけw」が印象的(笑)

スポーツカー作るのはEVの方が 向いているという意見にも完全同意します。加えて安全性もです。加えて経済性も(笑)更に自動運転とライバルなし。
なのに、なぜ日本のカーオブザイヤーのベスト10にも残れなかったか。わかりますよね、皆さんは。 。
この後モデル3テストが続くと思いますので、このシリーズ必見です!

その1、加速テスト

その2、高速操舵編

清水さんの、「欲しくなっちゃったよ」が笑えます。
ステアリングの応答性に驚かれていて、フェラーリF40のようだとのこと(笑)
また、「ポルシェやベンツのエンジニアがテスラにいるんじゃないの?」という件に関しては、います。加えてAudiやアストンのエンジニアも現在はテスラに多数在籍しております。

その3、ブレーキング編

清水さん、もうモデル3をベタ褒めです(笑)
「これポルシェだよ…」「このブレーキはポルシェ、宇宙一」「EV一回乗ったら戻れない」は私も実感。


ついにウェット旋回ブレーキテスト。アンダーの出ない未知の車。素晴らしい。
低重心のメリットが生きています。

おまけ。

モデルYがなかなかカッコいい件

これは賛否あるかと思うのですが、私はなかなかイケていると思います。
リア上部のダックテールが長いのが好きだなあ (笑) この車は19インチのGeminiホイールですが、20、21インチ大径ホイールとの相性も良いかも。
エアサスが付いていて乗り心地が改善されていれば凄く欲しいです。
アクティブサスならもうかなり欲しい。
Xでは大きい、3では物足らないという方にピッタリなのでは?
私もSからYに乗り換えたいかも知れません。
アメリカでは来年夏~秋にデリバリー開始とか。もうすぐです!!

https://electrek.co/2019/12/26/tesla-model-y-performance-prototype-spotted-dual-motor/

当ブログのモデルY詳細ページ
テスラ公式モデルYページ

2019.40.2.3アップデートとお礼

2019.40.2.3 アップデートが来ました。私のAP1車は特に何もないようですが、何か変化あればこちらでお伝えします。
1、オートパイロットの速度設定が0km/hから指定できるようになりました。
AP中に先頭で信号が赤になった時、今迄はブレーキ踏んでAP解除してたけど、今回のアップデートで、レバー操作で0km/hまで減速してくれるようになったのですね。今までは確か30km/h~150km/hだったかな?

それはそうと、購入して4年2か月なのですが、ここ3年で22回ものアップデートです。購入からは30回以上ですね。しかしよくアップデートしたなあ(笑)

今日は仕事納め。忘年会の買い出し中~
今年1年お世話になりました。テスラ関連のお仕事もお陰様で盛況でありがたい限りで感謝致します。まだまだお役に立てるよう頑張っていきます!

テスラは4年保証切れて2ヶ月が過ぎた今も快調そのもの!さて次はどこが壊れてくれるか〜w。いや、どうか壊れませんように!(笑)
まあ、壊れたら治せばいいだけですが…

スタッドレスとレッドキャリパー化

‪この冬もスタッドレスへ。ついでにレッドキャリパー化。
腰が痛いので左側のみ(笑)そしてロゴはまた暇な時にでも…‬
長男は出かけていたので、 妻と娘がタイヤ転がしたりめっちゃ手伝ってくれた😊 有り難い。感謝だ。クリーンなので女性にこそ愛されるテスラです。
しかし田舎だね〜 75,032km