NewモデルS/Xのエアサスが凄い

先月4/24にテスラWebサイトよりオーダーが始まったNewモデルSとX(コードネームRaven)
そのエアサスがフルアダプディブとなり電子制御となりました。GPSとの連動に加えカメラで路面状況を判断など、フル加速時やローンチモードでは足を固めたり、オートパイロット時は乗り心地を優先したり、しかもソフトウェアでOTAアップデートが可能なサスペンションは世界初でしょう。その詳細です。

下のグラフは旧エアサス(ブルー)、 スポーツ (オレンジ)、 スタンダード (グレー)、それぞれのモードで車内計測した振動計の値です。全く違いますね。
新しいモデルS、Xはもの凄く乗り心地が良くなっているということで間違いなさそうです。私の2015年モデルSのエアサスでも素晴らしく乗り心地が良いので、新しいのはロールスロイス並みに乗り心地になっているかも。いやそれ以上かも知れません。これは欲しくなってきますね。
欲しくなったらこちらから注文し無料のテスラスーパーチャージャー充電代をゲットしてください。今日中なら7,500km分でギリギリ間に合うかも。おそらく本日夜か明日以降?に1,500km分になる予定です。

旧エアサス(ブルー)、 スポーツ (オレンジ)、 スタンダード (グレー)

実は、私は2015年10月のモデルS購入時から電子制御ダンパーを持ったエアサスを熱望しておりました。ようやくかという感じです。おそらく構造が複雑になるのと重量増になるので先送りにされていたのでしょう。それが今回劇的な改善につながったので採用されたのではないかと思います。

以前乗っていたAudi S8(フルアダプティブサス+20インチ265/35タイヤ)と比較し、格段に劣っていた部分がこの部分でした。テスラは当時標準の19インチとミシュランパイロットスポーツ3が付いていたのですが、とにかく飛ばすとふらつく。ただし通常高速走行レベルでは全く問題ありませんので、私の話は通常レベルの話ではありません(笑)

これが嫌でしょうがなかったのですが、2017年4月に21インチホイールを履いてからほぼ改善されたので、そのバランスの良さにはかなり満足しており、乗り心地と高速走行時の操縦安定性は両立するのは難しいのですが大したものと感心しておりました。
またパフォーマンスモデルを選ぶとブッシュとスタビ径の違いか高速走行時は安定性が良くなります。タイヤにもよりますが逆に乗り心地が少し犠牲になるのでパフォーマンスモデル+19インチはオールラウンドではないかと感じました。

標準モデルはもとからの乗り心地はなかなかでしたので、今回パフォーマンスモデルの乗り心地の改善に多大なメリットがありそうです。
標準モデルならさらに極上の乗り心地となることでしょう。

おすすめ

2件のコメント

  1. […] いつ買うか?これは、私は常に今買うしかないでしょうと伝えています。今現在ガソリン車に乗っているなど無駄でしかないと考えているから。リーフから中古のSやモデル3に乗り換える方も最近ではとても多くなりました。最近で言えば、モデルSとXに関しては今年4~5月ごろに注文した方はお得だったと思います。値下げした上に新しいサスペンションが付いています。今は少し値上げされましたが、今後さらに値上げする可能性もあります。FSD(完全自動運転)オプションも8月に1,000ドル値上げするようです。その後も段階的に値上げがあるようです。先日まで60万円で今は75万円ですが85~90万円になり今後は100万円を超えてくるのかも?モデル3も発売開始されましたので3は今買うべきでしょう。アメリカでは2年前から販売されているので日本版はいくつもの改良版と言えます。最新の物が最良のものではありますが、私のモデルSも最初はオートパイロットも有効化されておらず、さらにナビもさっぱり使い物になりませんでしたが、数十回に及ぶアップデートで今ではかなりの実用的な自動運転となっていますし、ナビは渋滞回避ルートまで案内してくれるようにもなりました。モデルSは2009年に発表されてから10年にもなりますが、いまだ比較できる車が出てこないですね。ポルシェタイカンは後席が狭くて実用車にはなりえないでしょう。たとえ4年前の車でもこれから先も何が変わるのだろうとわくわくする楽しみな車は他にはありません。いつ買っても後悔はないと思います。 […]

  2. […] AP1から最新型への乗り換えや、AP1中古車を検討されておられる方は多いと思いますが、現状そんなに劇的には違いはありません。これから差が出てくる可能性はあり、日本の国交省がどこまで認可できるかにかかっているかと思います。エンハンスドサモンや、ナビゲートオンオートパイロットはとても便利ですよね。中国や台湾ではもう認可されていますので日本でも時間の問題かと思います。それよりも、新しいモデルS,X(Raven)は新しいサスペンションがかなり良い仕事をしているらしく、高速ではビシっ!としてかつ低速では乗り心地が良いようです。近いうちに試乗したいと思いますので、またご報告できるかと思います。先月6月から納車が始まっているようですので誰か乗せてください!どんどん進化するテスラ。私が購入時思ったのは、スマホのように「2年おきに買い替えできたら理想」は今でもそのように思います。余裕がある方は常に最新版をお買い上げください。2015年10月当時は私のモデルS70Dも最新版でした(笑)待ちに待ったデュアルモーター四駆のEV!すぐに長距離やスキーに行ったりして、もう最高に嬉しかったです。数か月で75kWhと90kWhが出て、半年ほどで待望のLEDヘッドライトのフェイスリフトがあり、1年少しでAP2.0が出て、AP2.5、そして現在はAP3.0です。サスペンションもついに電子制御になりました。キリがありませんが、、常に最新のSが一番欲しいです(笑)しかし私たちのように子育て中の方含め、2年ごとの買い替えなどそんな贅沢が許されない方々も多いかと思います。実は長く乗るにもテスラは最適なのですね。4年前はスーパーチャージャーも日本に5~6か所しかありませんでしたが今は21か所。さらに2014年9月から日本でデリバリーが始まった初期のモデルSは2015年8月までナビも使えませんでしたが、今ではAP1さえも付いていない初期のモデルSでもアップデートを繰り返し、渋滞を避けるルートまで可能になりましたし、初期型のモデルSであっても、ランニングコストが軽自動車以下で維持していくことが可能です。今でさえオートパイロットがテスラの代表的な機能になっていますが、AP1でも古さを感じさせません。AP2以降に乗らなければ(笑)テスラをいつ買うかというのが難しいかと思います。我慢できるところまでするか、ひとまず買ってしまうかです(笑)おそらく試乗したら、ガソリン車に戻れなくなる方たちは本当の車好きです。それがどれだけ我慢できるかということですね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です