Nissan LEAF試乗!

新型リーフに試乗しました!今日10/7から試乗解禁です。

前作のリーフに試乗したのが4年ほど前の初期モデルなので、あまり比較にならないかも知れませんが、テスラを2年所有した側からの感想を主に書きたいと思います。

まずスタイリングは前作と同じプラットフォオームを使用しているとは思えない激変ぶりで、凄く良くなったと思います。試乗車はホワイトだったのですが、個人的にはホワイトとトップがネイビーのツートンカラーが凄く好みですね。 テスラの伸びやかでエレガントな美しさには到底かないませんが、旧型と比較しホンダ車とボルボの良いとこ取りのようなスタイリングです。

leaf_1709_top_001_01.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

乗り込むと天井がすごく高く使いやすそうな感じですが、リアは一段シートと足元が高くなっているので若干窮屈ですが許容範囲内です。5人乗りですがリアシートの幅はテスラと比べてしまうと狭いです。

乗り込んでまずはスタートボタンを押します。それから小さなシフトレバーをDに入れてサイドブレーキを解除しアクセルを踏み込んでスタートです。

テスラは乗り込んでブレーキを踏みながらDに入れアクセル踏むだけなので、それに慣れてしまうと、まずはスタードボタンさえも面倒に感じます。またPシフトで自動的にサイドブレーキがかからないのも凄く不便に感じてしまうのです。

スタートはEVならではの静かなスタートで、モーター音もテスラ並みに静かと思いました。静粛性が旧型よりも相当上がっていると思います。乗り心地は、段差なども静かに乗り越えエコタイヤとのマッチングも素晴らしいと感じました。

回生ブレーキですが、これは最高のフィーリングです。テスラ乗りが言うのだから間違いありません(笑)旧型リーフやトヨタハイブリッド系にある回生音はテスラ同様に全く気になりません。停止も穏やかでスムーズ、とても良い感じです。素晴らしいです。 これはテスラも停止までできたらと感じます。アップデートで停止するモードがあってもよいかなと思います。それはそうとOTAアップデートでできる車が今のところテスラしかないのですが実はこれも凄いことですよね(笑)

ステアリングが軽い!フニャフニャです。最初凄く違和感があったのですが、速度が出ると結構しっかりしたフィーリングになるので全く問題ありません。女性に最適です。 テスラではステアリングの軽さを3段階に調整できるのですが、私は普段最も固いモード(スポーツ)で乗っているため余計にそう感じられるのだと思います。

今回は小雨が降ってたので路面はウェットでした。トルクを確認しようと交差点を左に曲がり、低速からアクセルを全開にしてみましたが、そこで何と前輪がザザザッと滑り瞬間カウンターを当てる事態になりました(笑) これは驚きで、ここ最近5年ほど四駆ばかりに乗っているのもありますが、やはり電気モーターのトルクは特に前二輪では受け止められないのかも知れません。エコタイヤのせいかも知れませんがいとも簡単にグリップを失ったことに驚きました。テスラは恐ろしい強大なトルクのため絶対に滑らせないセッティングなので、少し驚いてしまいましたが、テスラがいかに安全なセッティングであるかということがわかりました。

自動駐車も試しましたが、テスラと比較し、押すボタンの数が多すぎて、よっぽど駐車が苦手な女性以外は使わないだろうなといった印象を受けましたが、テスラと違い駐車場の白線を認識し駐車してくれるので、テスラにもアップデートで対応して欲しいと思いました。AP1では無理かも知れませんが、対応したらうちのカミさんが喜びます(笑)

次は高速道路です。ここでも全開にしてみましたがなかなかのトルク感でした。テスラには到底及びませんが、400万円から買えて実質300kmほど走るEVとしてはなかなか頼もしいトルク感だと思います。営業の方が、クラウンクラスに乗られている方でもびっくりする加速と言われていました。静粛性もなかなかすばらしかったです。このクラスでは凄いレベルと思います。長距離も楽でしょう。

プロパイロット(自動運転機能)を試しましたが、なかなかのものです。ステアリング右のボタンを2つ押して起動させます。起動に少し時間がかかるのはセレナと同様でしたが少し速くなった気がしました。速度の調整も全て小さなボタンでするのでちょっとやりにくいかなと思いましたがそう違和感は感じません。プロパイロット中はステアリングを持っていないといけないのですが、センサーはタッチセンサーではなくテスラ同様トルクセンサーです。速度は115km/hまで可能です。

テスラ乗りのセカンドカーにいいかも知れませんが、そこはやはりモデル3ですよね。リーフに関しては、ニスモバージョンも、またその後のバッテリー60kW/h搭載モデルの登場も気になります。

ですが総じてハンドリング、足回り、シート、内装、外観など、全てにおいてクセがない車。すごく使いやすい。ずばり、「すばらしい」です。正直こんなにいいとは思っていませんでした。

そこで帰り道のテスラでどう感じるかです(笑) 低い、かっこいい、やはりスポーツセダンなんだなと感じます。そして無音でのこの加速は他の車とはやはり比べようがありません。

このリーフもオプション諸々入れると480万円ほどになりますが、テスラの半額以下で買えてしまいます。完全EVで安心の国産車。そう思うと素晴らしい車なのではないかと思いました。EV補助金は40万円ほど出るようです。

外車好きの方の心も動かすようなデザインとフィーリング、そして世界の時代の流れEVシフトの牽引役に充分な車ではないかと思いました。世界で必ず売れる車になると思います。この車の登場によってEV化が大きく加速するのは間違い無い予感のする車でした。

leaf_1709_top_008.jpg.ximg.l_full_m.smarthttps://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf.html

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です