日本の未来は大丈夫か

こちらのモデル3を分解したという日経の記事を見ると、日本の基盤の技術は6年以上遅れているということですね、やはりです。日本では現状とても作れないということ。
テスラはこれからもの凄いスピードでどんどん先に進んで行きます。
中国やドイツもかなり先をいっていると思いますので日本は追いつけないでしょうね、残念ながら。
日本の自動車産業は終わる可能性があります。
私もヤバい。さて、どうしよう。自分の得意分野で人の役にたっていく。その仕組みを構築していくことなどに力を注いでいかなければなりません。
そして教育や子育ても 根本から 変わらないといけませんね。

ブロードバンドで出遅れた日本、スマートフォンでも出遅れた日本、そして…

ドイツのエンジンに対する見切りに関しては、ポルシェやアウディがルマンを撤退表明したあたりから既に流れは変わってきていたような気がします。2~3年前ですね。

エンジンの改良をいくら重ねても、今後日本が世界の温暖化防止に貢献できることは誤差範囲でしかないことは車メーカーもわかっているはず。エネルギー全体から消費全体から見直していかないといけないのは皆さん周知の事実だと思います。今後は自動車ディーラーさえ必要なくなります。 テスラの成功が示した「営業マンはもういらない」の残酷な現実

テスラはEVによる自動車だけの革命を起こしたいのではない。再生エネルギー&蓄電池のエネルギー革命も含めて、これまでの大量消費の時代から、 本質的に本当に必要なものだけを提案してくれている。人類が本来あるべき姿に軌道修正してくれているようにも思えます。
人類が本質的に必要としていない産業は、テクノロジーと人類の平和への意識改革で淘汰されていくような気がしてならない。

おすすめ

1件のコメント

  1. 良いもの の発言:

    5Gなんかも出遅れほぼ確定しましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です