2台目の電動バイク♪ MQi GT

人生初めての電動バイクNQi GTを購入して1年弱1800km、やはり便利でもう一台必要になったため購入しました。納車は6月ごろだと思います。(6/10納車されました!!

2022年5月 NIU MQi GT 2021年モデルを注文!

2022年モデルから大幅値上げ(約35万円→54万円)とのことですので、以前から検討していたMQi GTの2021年モデル型落ちを注文。また昨年モデルの購入となりました😅
半導体不足、材料不足、バッテリー不足、人材不足と合わせて、この日本では歴史的な円安と、輸入品の高騰は止むを得ない状況ですね。納車されたらまたN-GTと比較し報告します。
もしかしたら、2022年モデルのMQi GTは値上げ幅が大きいので、バッテリー容量が上がり航続距離が110kmになったエクステンテッドレンジモデルになっている可能性も十分あります。
私の場合は、そう長距離も走らないのでこのスタンダードレンジで十分なので安く買えれば良しです。
もしそれに加えてカラーディスプレイになっていたとしても、この価格差だと旧モデルを選ぶと思います。別途、上位車種の時速100km/h出るMQi GT EVOは日本に入ってきたら価格によっては欲しいところですね。試乗したら欲しくなるんだろうなあ〜。その場合はどちらか手放してEVOを購入する可能性もあります。ハイパワー車なら特に二輪必須の安全装備とも言えるABSとTRCを装着してくれたら安心なのですが。そこが正直不満なところです。

クラス原付二種(AT小型免許で運転可能)
最高速度2バッテリー:70km/h
1バッテリー:45km/h
航続距離2バッテリー:70-80 km
1バッテリー:35-40 km
※自社走行テスト実測値。自社走行テスト条件:ダイナミックモード90%+スポーツモード10%。搭乗者体重76kgにて平坦な道を走行。
※スポーツモードはバッテリーを2個搭載しその電圧差が7%以下または、バッテリー残量15%以上の時に選択可能となります。
※1バッテリー搭載時はスポーツモードは選択できません。
バッテリー容量2バッテリー:2976Wh(48V/31Ah×2)
1バッテリー:1488Wh(48V/31Ah)
niu MQiGT バッテリー(48V31Ah) 94,800円(税込)
2022/6/10現在、158,000円(税込)に値上げされたようです。
充電時間2バッテリー:9h
1バッテリー:4.5h
(急速充電時)
急速充電Yes
バッテリーセルタイプ18650リチウムイオン
バッテリーの重量11Kg x 2
リアボックスオプション品
USBポート標準装備
フロントタイヤ(90/90-14)
リアタイヤ(110/80-14)
フロントブレーキ220mm 油圧ディスク
リアブレーキ180mm 油圧ディスク
シートの長さ782mm
シートの高さ816mm
ホイールベース1389mm
充電電流9A (1バッテリー) / 16A (2バッテリー)
定格出力(最大出力)1000W(3500W)
コントローラーFOC ベクトルコントローラー
FOC最大電流80A
乗車定員2
車体重量2バッテリー:115kg
1バッテリー:104kg
(バッテリー含む)(車両本体は93kg)

詳細データはこちら輸入元へ

NQi GTと比べ、ホイールベースが11cmほど長くなり、バイクの重量が6kgほど重くなった。サスは同じように見えます。肝心の電池は2,100Wh(60V/35Ah)×2 合計4.2kWhから、1,488Wh(48V/31Ah)×2 合計3kWh(2,976Wh)と、電池容量の合計4,2kWhから約3Kwhへダウン。さて、乗ってみてどれだけ体感できるかです。(参考:航続距離110kmのMQi GT XtendedRange 2,016Wh(48V/41Ah)×2 合計4.03kWh)
(参考:最高時速1 00kmのMQi GT EVO 1,872Wh(72V/26Ah)×2 合計3.74kWh)

NIUはヨーロッパで大人気なのです。参照元

今回の注文明細を記します。純正キャリアが安かったので注文。おそらく樹脂製かな?(アルミ製でした!😀)
あとは近くの提携するバイク屋さんに納車してもらうための送料15,000円です。
私の場合は近くでGoogle評価の良い「アリマサイクル」で納車の予定です。納車費用は不要とのことです。前回昨年注文の際は家まで配送代が14,000円だったので少し値上げと手間が増えました。
ナンバーは自分で取ります。

■ご注文内容
———-
XEAM EVバイク「NIU MQi GT (エムキューアイジーティ)」 ホワイト(XM-NIUMQiGTWH)
 価格 318,000(円) × 1(個) = 318,000(円)
———-
バイク用品(MQiGT専用)リヤユーテリテイーベース(XM-5MTGB617J)
 価格 6,000(円) × 1(個) = 6,000(円)
———-

小計      324,000 円
消費税      32,400 円
送料       15,000 円
合計金額    371,400 円

オンラインでカード決済しました。

納車が楽しみです〜!!

MQi GT 2021年モデル納車されました!!素晴らしいバイク!

2022/6/10 待ちに待ったMQi GT。昨年購入したNQi GTを点検修理で入れ替えでの納車となりました。

またダサいバグスターのシートバッグですみません。。便利なもので…

第一印象、デカい!です。本当に立派な車格で2サイズ大きめに感じます。
NQiはコンパクトで扱いやすかったので、少し戸惑いました。

足付きですが、私は身長168cmなのですがそれほど高いとは感じません。BMWのリッターバイクと比べれば全然良いです。いやそれぐらいの車格があります、はい。BMWのスクーターに乗っている感覚でクラスが2ランク上がった感じです。
シート高が高い分アイポイントが上がりハンドルが少し低く感じます。足元のバッテリーがないので足の置き場も少し下がりました。体の大きな方でも窮屈さは無くなったと思います。

斜め後ろからのスタイルがかっこいい。正直フロントはダサいので設計やり直してほしいぐらいwww
流麗でスマートなデザインでお願いしたい。カタログのイメージよりも実物の方がスタイリッシュ♪

さて、肝心な乗り味はどうかです。

1、出だしが遅い。これはNQi GTと比較して明らかに遅いです。もちろん最速のスポーツモードでのお話で、おばちゃんの125ccスクーターにスタートで置いていかれます。電動車らしくないと言えますが、逆に言えば電動車ならではの出だしでガツンとくる鬼加速が緩やかになり乗りやすくなったと言えます。慣れれば大丈夫でしょう。雨の日は安全で良いかもしれません笑。ですが最高速度は82km/hでNと一緒でした。

2、安定性が素晴らしい。これはNよりも大きなホイールと出来の良いタイヤのおかげもあるかと思います。フレーム剛性が上がった感じでバタ付きがなくなり上質感がある。ふらつきがない。サスペンションもギャップをうまくいなしとっても好印象で乗り心地が素晴らしく良いです。

3、シートが素晴らしい。フロントもリアもシートが最高です。どこに座ってもしっくりくる。シートに相当改良を加えていますね。シート自体の重量がNGTの2.5倍ほどあります。

4、タンデムしやすい。シート、ステップ、グラブバーがとても良い。長距離も楽で実用性が上がりました。

5、100%で92km走行可能。今のNGTと一緒です。うちは坂が多いのでNGT同様にこれから下がっていくかも。NGT納車時は112kmでした。長距離を乗る方には向きません。

6、スマートキーが便利。スマホでイグニッションスイッチ電源ON、OFFが可能。つまり鍵を持っていなくてもスマホがあれば動かせます。これはテスラと同じくBluetoothを使っているようです。セキュリティのオンオフは4G通信で可。でもシートは鍵がないと開かないので結局鍵はいるw(2022年MQi GT EVOはキーフォブやアプリでシート開閉とハンドルロックができるらしい)動画参照

NQi GTの不満点が高次元で改良されおり素晴らしいスクーターです、2021年モデルMQi GTこれはお勧めしたいバイクです。30万円台で買えるバイクとしてはものすごく立派です。(6/12現在、残念ながら完売)
2022年モデルから円安と資源高等により54万円と価格が上がったのですが、バッテリーの容量が上がり航続可能距離が80kmから110kmになったエクステンデッドレンジの可能性もあるので、もしそうでしたら素晴らしいのですが。

Mはひとまず身体の大きな息子が大学のバイク通学で主に使用する予定です。雨天でも安心ですね。

Nは現在点検修理中のため、戻ってきたらNとMを今度並べて撮影してみます。

私は2台あってどちらを乗るかと言えば、普段使いでは速くて使いやすい小さい方のN、長距離やタンデム時は大きいMかなあ。

納車3日目に妻とタンデムで30kmほど走行しましたが、
やはりタンデム(二人で110kg)だとかなりスタートが遅く、軽自動車にも抜かれる始末。。


スピードが乗ればその安定感が素晴らしく、後ろの妻は超快適〜と喜んでおりました!(妻とはタンデム歴20年以上でDUCATIやBMWの後ろに乗せてあちこちツーリングしました)
タンデムでは完全にゆったり走行用です。うーん、、これは車体が良いだけに、速いNQi GT EVOが欲しくなるかも….。これが日本に入って来れば良いのですが。贅沢言えばEVOのロングレンジが欲しい〜〜
しばらく私のとってはコンパクトで速いNQi GTが有難い存在となりそうです。

2022年6月〜
円安の影響もありNIU車体もですが、リチウムイオン電池も値上がりしました。
NQi GT 電池価格:パナソニック製 2.1kWh 173,800円→228,000円x2個、
NQi GT 電池価格:中国製 1.56kWh 106,480円→158,000円x2個
MQi GT電池価格:中国製 1.488kWh 94800円→158,000円x2個

おすすめ

3件のコメント

  1. 電動オヤジ さんの発言:

    俺も値上げに焦って先日MQiGT2021を注文しました。電動バイクは2台目です。車はセカンドカーで smart ed に乗ってて電動の静寂性LOVE のオヤジです。今後も楽しみにしてます〜

    1. Arik さんの発言:

      初めまして!コメントありがとうございます。一緒ですね♪
      納車楽しみですね〜。私は今週末〜来週になりそうです。
      またコメントお待ちしております😊

    2. Arik さんの発言:

      Face BookでNIUオーナーのグループやっていますのでぜひ。
      NIU 電動バイク交流グループ
      プライベートグループ(メンバー12人)
      https://www.facebook.com/groups/niungt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。