電動バイク購入!

人生初電動車がテスラだったのですが、人生初電気バイクを購入しました!!(ついにバイクカテゴリー始動!)
私の長いバイク歴の中で初めてのこと。(過去に乗ったバイクの一部はドカ関係のページに少しだけ記載)
またこれでサスティナブル生活への駒を一コマ進めます。

1、どんなバイクか?
2、NIU NQi GT
3、突然のバッテリー容量ダウン!
4、悩んだ挙句、2020年モデルを選択!
5、注意点!!ほんと怖い。
6、MQi GT
7、ついに納車!
8、さっそくのトラブル
9、新たなリア周りのトラブル
10、NIUのバッテリースコアと管理
11、納車1週間

これは私が今一番欲しいバイク(DUCATI StreetFighterV4S)なのですが、、、、

こっち。

かわいいでしょー♪


どんなバイクか?

数年前から個人的に応援している中国のNIU(中国では小牛と呼ばれています)という電動スクーターを作っている2014年創業の若い企業で2018年NASDAQに上場しいています。
中国の都心部ではもう15年以上前の2005年から環境汚染の対策としてガソリンバイクが禁止されており、電動バイクが庶民の足となっています。(北京市の都市部ではバイクの空気汚染が自動車より多いとのことでなんと1985年からガソリンバイクを禁止しいています)
4年前に中国の京都と言われている古都「杭州」に行ってきたのですが、そこらじゅうに小さな電動バイクがたくさん走っており、歩道を歩いていると後ろから無音でくるので何度も轢かれそうになるほど💦
当時からテスラやNIO(上海蔚来汽車)のEVも多数走っており、バスはBYD(比亜迪汽車)の電動バスがすでに普及していました。

中国で多くの電動バイクメーカーが乱立する中で、NIUのメリットはオシャレで速く信頼性がありスマホと連携していること。テスラ同様常時ネットに繋がりGPSで居場所がわかります。警報装置付きでスマホに通知がきます。
こんな安価なEVバイクでも4GのSIMが搭載され常時クラウドサーバーに繋がっているのです。そう、こんなことにコストはかからないのです。自社開発できない日本のバイクメーカーはもうすでに5年以上遅れをとっていることになります。


電動車で最も大切なバッテリーの信頼性も高く、日本のパナソニック製リチウムイオン電池が採用されており、知人の話ですと5年ほど毎日乗って80%以上の容量を保っているそうです。モーターはドイツBOSCHのモーターとのこと。見事に中国製でありながらブランディングに成功した例と言え、欧州でも大人気の電動バイクメーカーとなっています。現にNIUの情報をWebで調べるとドイツ、フランス、イタリア、オーストリアなど欧州から発信された情報ばかりがヒットします。

購入はこちらへ

 

NIU NQi GT

日本では125ccにカテゴライズされる、いわゆる小型二輪の電動スクーターですね。原付二種と呼ばれますので、自動車保険のファミリーバイク特約に入ることができるメリットがあります。

普通自動車免許で乗ることができる50ccの原付バイクと異なり、125ccの原付二種は、小型二輪免許が必要ですが、二人乗り可(免許取得1年以上)、30km/h規制なし、二段階右折は不要。ですが高速道路や自動車専用道路は走行できません。ここが残念。思わずそのまま走っていってしまいそうなので免許の点数が心配です。。なので本当は150ccで登録したいところではありますが、日本の輸入元では輸入証明が取れないとのことで諦めています。

クラス:原付二種
バッテリー種類:リチウムイオン電池
定格出力:1000W
最高速度:70㎞/h
航続距離:134km
バッテリー定格容量:2,100Wh(60V/35Ah)×2 合計4.2kWh
バッテリー重量:11㎏×2
充電時間:7~10h×2(充電器が2個付属)
車体重量:109㎏
サイズ(L×W×H):1815×725×1185mm
ホイールベース:1,280cm
シート高:790mm
最低地上高:160mm
モーターブランド:BOSCH
ブレーキ(前/後):CBS(ディスク/ディスク)
タイヤサイズ(前/後):前(90/90-12)後(120/70-12)
アプリ対応:〇
乗車定員:2名
許容積載量:269kg(乗員・貨物含む)
灯火類:LED
カラー:ブラック/ホワイト、ホワイト/レッド、ブラック/レッド
製造国:中国
免許区分:AT小型免許
車両区分:原付二種

2015年開発当時のチーフデザイナー、ジョセフネルソンとのNIU N1プロトタイプの動画。

以下3年前の2018年のローンチイベントにて。

テスラ乗りならお馴染みElectrekの記事
NIU NQi GT PRO(4.2kWh)は、米国では$4,500(本日のレートで498,000円)、ヨーロッパではEUR 4,700(本日のレートで611,000円)で販売されています。日本はかなりお安い価格設定かと思います。2021年モデルは特に買いでしょう。

https://electrek.co/2021/02/25/niu-nqi-gt-review-fast-electric-scooter-car-free-for-6-months/

2020年モデルまでは、バッテリーが我らがパナソニックの18650バッテリー(私のテスラモデルSと同様!同じものではないだろうけど…)だったのですが、2021年モデルが3月に発表となり中国製になったので価格も抑えられました。2020年/2021年モデルの比較表が出ておりバッテリー容量と航続距離は変わらずということで、
せっかくなら安価で最新の2021年モデル!と3月6日に予約しワクワクしながら待っていたわけですが、、

以下、輸入元ホームページより。

  • よりお求めやすい価格に変更
  • 従来の2020年モデルからバッテリーをマイナーチェンジすることで、大幅な値下げを実現しました。
  • 2020年モデルとの違いは、バッテリーのセルの違いのみとなります。動力性能の違いはございません。
2020年モデル価格¥398,000(税抜) / ¥437,800(税込)
2021年モデル価格¥318,000(税抜) / ¥349,800(税込)

 

 

突然のバッテリー容量25.7%ダウン!


ですが、、、6/16に突然のメールが来て、実際は電池容量が25.7%もダウンしました。うわあーーー!😂

https://www.mssjapan.jp/nqigt_battery2021

25.7%の容量ダウンといえば、、テスラでいえば100Dと75D以上、、大泣き。。😂しかも重量変わらず。。
バッテリー容量は25.7%のダウンが見られましたが、実測での航続距離は約10.8%のダウンに抑えられています。これはNIUの得意とするソフトウェアのコントロールで実現できているのだと予想されます。
担当者によると、スタート時のトルクがかなり抑えられているといっていましたが、電圧には変化ありませんので、最も負荷のかかるスタート時のトルクを制御することで航続距離を保っているイメージでしょうか。
私のぶっ飛ばす乗り方ではどうか調べてみたいところではあります。

 

 

悩んだ挙句、2020年モデルを選択!

両方乗った輸入元担当者と30分ほど話したのですが、テスラ、ドカ好き加速マニアとして、、結果1台だけ余っていた旧型2020年モデルになったわけです。価格差も約25%高なので納得する方を選べて良かったかも知れません。
新モデルは現在早期割で5%引きなので30%高になります。旧モデルの5%引きの値引き交渉をしたものの拒否、非常に残念ですが仕方がありません。

以下見積り価格の違いです。2021年モデルは6月30日までの早期5%割引価格です。

2020年モデル2021年モデル
niu NQi GT 2020モデル
ホワイト/レッド(XM-NIUNGTWHRD)
 価格 398,000(円)
———-
(Nシリーズ専用)リヤボックスホルダー(XM-30714003)
 価格 3,150(円) × 1(個)
———-
小計      401,150 円
消費税      40,115 円
送料       14,000 円
合計金額    455,265 円
 NIU NQi GT 2021モデル
ホワイト/レッド(XM-NIUNQiGTWHRD2021)
 価格 302,100(円)
———
(Nシリーズ専用)リヤボックスホルダー(XM-30714003)
 価格 3,150(円) × 1(個)
———-
小計      305,250 円
消費税      30,525 円
送料       14,000 円
合計金額    349,775 円

2021年モデルは6/30まで価格5%OFFなのでお薦めです。最高速は70km/hで変わらず(欧州のyoutube見たら78km/h出るらしい?しかもFOCアップデートで90km/hも可?)航続距離は実測11%しか変わらなかったらしいので、この価格なら間違いない選択と思います。どれだけ耐久性があるかですが、またこのブログに記します。

 

 

注意点!!ほんと怖い。

このバイクの注意点として、以下ドイツの方の動画にある通り、バッテリー容量が14%になると、なんと!!突然最高速度が78km/hから、22km/hになります。これは恐ろしい。。。その恐ろしさは以下動画にもあらわれていますが、びっくりしますよね。こんな特性を理解して購入・使用する必要があります。
リチウムイオンバッテリーの特性として、容量がゼロに近づくほど高負荷での使用は控えた方が良いのは分かるのですが、これは少しやり過ぎな気がします。高価なバッテリーの寿命を上げるためとはいえ、著しく利便性を損なうものですので改善を希望します。海外の情報ではFOCアップデートによってこれをキャンセルできるようですが、バッテリーの寿命に関わってきますし、保証期間中は避けた方が良さそうです。

 

 

NIU MQi GT

また今年2021年モデルにMQI GTというNewモデルが同価格で発売済です。
こちらはひとまわり大きな車体で、ホイールベースが長くタイヤも1サイズアップの14インチ、重さはN-GTよりも約28kg重い(NQi GT:87kg+22=109kg、MQi GT:115+22=137kg)が最高速は70km/hと同じで航続距離は70〜80kmほど。実測値は2021年モデルのNQiGTと変わらないほどかと思います。バッテリー電圧はNQI GTが60Vに対しこちらは48Vですのでよりマイルドな加速と思われます。
乗った感じはゆったり安定性重視とのことでした。キーを刺さなくても始動できるスマートキー機能も装備されているし、バッテリーも縦型で持ち歩きやすそうなのでマンション住まいの方や、ゆったり乗りたい方はこちらかも知れません。私がもう一台買うならこちらかなという気がしています。でもデザインが今ひとつかなぁ。

詳しくはこちらへ。

こんなデザインだったらなあ。。

 

 

まあ、購入まで色々ありましたが、、こんなことは誰のせいにもできないし、この電動バイクをこの価格で買えるのは素晴らしい。テスラ同様にソフトウェアに強い会社なのでスマホ連携やアップデートなども楽しみであります。
来月初旬に納車予定なので納車後に詳細をレポートしたいと思います。

6/29
Twitterで知り合った2020年モデルのオーナーの方の話によりますと、2021年モデルを試乗したところ新旧で加速感の違いは感じられなかったとか。私は無駄に30%高い方を買ってしまった感。。まあ少し航続距離が長いってことで(笑)輸入元の対応に今回残念な思いもありますが、来週の納車!楽しんで乗っていこうかと思います!!

 

 

 

来ました❗️納車です‼️


7/4 ついにやって来ました!納車です。人生初スクーター、人生初電動バイクです!
第一印象は、ちょうど良いサイズ感。かわいい。バッテリーなんて日本でも中国でもどーでも良い感じですw
すこし走らせましたが、音が全くないではないですか!モーターやインバーター音もなくテスラより静かです😊
ブレーキを少しでもかけるとモーター出力がゼロになるのでこれだけ少し慣れないといけません。
ブレーキをチョンがけして引きずってよく走るもので。テスラもアップデートでそうなりました。
これから安全に電動バイクを楽しみたいと思います。また走行感などもお伝えしたいと思います。

やはりNIUのソフトウェアは素晴らしい。テスラのように充電時間などをアプリやAIでコントロールできたらなおよし。スマートプラグで管理すればOK。充電上限%指定も欲しいところ。
そして内蔵される4G通信とGPSは60Vバッテリーを外した状態でもバックアップされ、数日間は居場所をプロットしてくれるので安心。

このバイク、大体が鉄とプラスティックでできていますが、スイングアームはチタンとアルミの合金とか!
やはり価格なりのチープさは否めませんが、無音でスイーっと走ればそんなこと全てを忘れさせてくれる!😊
本当に乗っていて気持ちのいいモビリティというか移動体というか。
これは走行感としては電動キックボードに近いかも知れません。全く新しい体験でとても楽しい!
かなり満足感の高い乗り物です。

要のリチウムイオンバッテリーですが、NIUではバッテリー容量の60%の充電を1サイクルとし、合計1,000サイクル使用可能としています。すごい自信の現れかと思います。安心して日常使いできそうな電動バイクですね。
交換用バッテリーは、中国製25Ahが106,480円、パナソニック製が173,800円となります。1個の価格です。
かなり高額ですが1,000サイクルといったら相当距離(1km=1%として、60kmx1,000=約6万キロ)走行できそうです。すごいですね。その時点で60%〜70%でも残っていれば良いのですが。おそらくセル自体は使用可能な状態ではないかと思います。バッテリーリサイクルの技術も今後進んでほしいですね。地球環境に直結する部分ですのでこちらの方でも自ら何か行動することができたらと考えています。テスラ共同創業者のJBストラウベルがリチウムイオンバッテリーリサイクルのベンチャーを立ち上げ活躍しています。
テスラのバッテリーは、私のモデルSは9,3万キロなのですがいまだにカタログ値の97%以上、新車時の92%以上の航続距離を保っていますので、パナソニックには絶大な信頼を寄せています。

乗ってみて気付いた事。
1、超静か。無音。
2、加速はマイルドで扱い易い。(テスラ&リッターバイク乗りだから?)
3、アプリが優秀。
4、航続可能距離が85kmから112kmになった。(バランス取れた?)
5、USBが壊れてる→納車10日後の7/14、コードとコネクタだけ送ってきた。←今ココ
6、待機電力が低い。(テスラは1日5km〜10km消費に比べほぼゼロ。BMSが単純だから?)
7、坂道発進が怖い(ブレーキかけながらの発進がシステム上できないため)
8、熱源がないので涼しい〜。最高!!(テスラも最高。ドカは内股の火傷が標準仕様🔥)
9、タンデムしやすい。女性ウケが良い。
10、タンデムでも楽に最高速(78km/h)出るし安定している。
11、ウィンカー操作はし辛いがオートキャンセルは便利。
12、ウィンカー音10種あり楽しいがどれも変な音。一番マシなカスタネット音に。テスラならオナラ音出せるのに..汗
13、クルーズコントロールが意外に便利。
14、ヘルメット被るのが面倒…(それだけ手軽ということ。ジェットヘル買う?)



総じて良いバイク。 電動キックボード並みの静けさと手軽さ。
これが今は最新モデルが30万円ちょっとで買えるとは凄いと思う。家族で最低2台は欲しい(笑)

一度こういう駐輪場にバイク止めてみたかったんだよなあ。。(ピンクナンバー止めてあったけど、よくみたら50cc以下と書いてあったのですぐ撤収💦)
収納力上げるため、ドカ用に買ったツーリングサイドバッグ(30Lx2)付けてみた。これで買い物に使えます♪
デザインと乗降性が阻害されるリアボックスの便利さに勝てるかチャレンジ中!

まだ走行距離は30km。これから航続距離が113kmからどう変化していくのか楽しみです。


さっそくのトラブル

上にも記したのですが、スマホ等を充電するUSBが納車時から使えません。まあ大したことはないのですが嫌なものですね。
iPhoneを3機種、Apple純正コードを3種類変えましたが、電源ONで停車中も走行中にも充電されません。
7/9
USBテスターもゼロV表示。どうやらDC-DCコンバーターが機能していない模様。
現在メールで連絡をとっているのですが、輸入元のレスポンスは遅く、原因特定やヒューズ位置やソフトリセットの方法もわからずで、納車6日現在もなす術がありません。コンバーターとUSBコネクター&コードを取り寄せを依頼中です。また経過を報告したいと思います。

7/12
輸入元へUSB故障の件で上に記した画像付きのメールを送付し3日間経過も返答はありません。国内輸入元のサポート力の低さは今後不安になります。

7/13
メールして4日目、輸入元より連絡がありUSBコネクタ&コードのみ交換品を送るとのこと。

7/14
部品到着。替えるの面倒〜〜〜。DC-DCコンバーターから5V来ていないのにこれだけ替えて治るわけがない。

 

 

新たなリア周りのトラブル

納車時から音がしていたリア周りですが、次第に大きくなり、ついにリアブレーキから物凄い音。リアブレーキがあたりがなかなかつかないなあと思っていたのですが、もしや部品精度の問題かリアアクスルが正しく取り付けられていない様子。センタースタンドをしてモーターを回すと、リアホイールバランスもガタガタで物凄い振動。。。
上記の件含め、初期不良で輸入元提携の最寄りのバイク屋に入院か。あくまで素材でしかないのか、このバイクは。。

参りました。これがチャイナクオリティか。コストなりのバイクなのか!!!。。。

 

NIUのバッテリースコアと管理

NIUの専用アプリには、バッテリースコアという項目があり、60%以上の充電(1サイクル)するたび0.1づつ減っていきます。うちの納車時のバッテリースコアは、99.7(3サイクル)と99.5(5サイクル)でした。

このスコアをゲーム感覚で上げていくことが可能です。詳細はこちらのNIUオフィシャルのバッテリー管理ページ

15%以上からの充電を10回で+1ポイント
40%以上からの充電5回で+1ポイント
フル充電バッテリーの再充電でー0.1ポイント
長期間充電しないとー10ポイント
35度以上の温度での充電は−0.1ポイント
0度以下の温度での充電は−0.1ポイント
バッテリー電圧差が0.3V以上ある場合−10ポイント
BMS(バッテリーマネージメントシステム)の故障で−5ポイント

つまり、せめて15%以上残して充電、40%以上だとなおよしというところが大きなポイント。
テスラでは100%充電を極力しない、もしくはフル充電して放置するなというところがポイントでしたが、同じパナソニック製の18650電池にしては違いすぎます。おそらくNIU用はテスラほど満充電で電圧を上げていないせいだと思います。それ以外はおおよそ似たような感じなのですが、NIUのバッテリーに関しては、
1、15%以下に極力しないこと。なるべく40%以上から充電する。
2、35度以上の高温下、0度以下の低温環境で充電をしない

と言うところが、日常バッテリーを長持ちさせるポイントであるかと思います。

 

 

納車1週間

納車1週間。50kmほど走行。
あまりにスマートで便利なので、すっかり生活になくてはならない存在となりました。家族にも大人気です。
二つのトラブルが早く解決すれば良いのですが。

航続距離が113kmから、92kmに激減。。。常にタンデムでうちは坂が多いから?。。。
テスラと同じで、乗り方によって航続距離を算出しているのでしょうか。

まあ。90kmも走れば充分なので、片道30〜40kmほどの遠出が楽しみになってきますね。



 
 
次期NIO NQiGT に期待すること。
ABSとTRC、フルカラーディスプレイを搭載し、イタリアンデザインのハイパワースクーターが出てきたら面白い。
航続300km以上、せめて200kmはお願いしたいところ。 2倍の価格でも欲しいですね。

持続可能エネルギーの未来への加速にご協力いただき、ありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です