日本車の未来はいったい…テスラに乗らずに死ねるか!その1

この清水さんの記事を読んで、日本で良いEVを作るのは無理だと感じた。
ポルシェには意地がある、GMやベンツにも。ドイツ、アメリカは本気だ。それに中国が国を挙げて来る。
しかし日本の車メーカーには無いですよ。そもそもモデル3レベルの車作りは今からではとても無理だし、どれだけの資本、人材、新たな技術開発が必要か。
無理して作ってもバッテリーやEVプラットフォームの開発に遅れを取っている日本では売れば売るほど赤字。
その覚悟や未来のビジョンさえ今の経営陣には無い。株主も当然理解を示さないだろう。 せいぜいメディアでEV批判し情報を封じ時間稼ぎをすることぐらいしかない。
かつて意地でメルセデスSクラスを超える車を作ったり、世界をリードする超エコなハイブリッド車を作った国とは思えない。

グローバルな情報を得て本質を見抜く賢者たちはもう儲け第一主義の日本車は買わないだろう。スマホを持ち英語を自在に操る若い方は、全く車を持たないか、テスラを買うかしか選択肢がなくなってくる。
日本の製造業は大きく変わっていくと思う。覚悟した方がいい。

私もかつてポルシェが最高の車と。これに乗って死ぬなら仕方がないとも感じていた時期もありました。本当です。ジェームズ・ディーン…
「テスラ有吉のテスラに乗らずに死ねるか」シリーズ、その1でした(笑)

打倒テスラ! それがタイカンの使命【清水和夫のポルシェに乗らずに死ねるか】https://genroq.jp/2020/01/58603/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です